ログハウスに使用される主な木の種類

ログハウスに使用されている木にはたくさんの種類があるのをご存知でしょうか?その中でも主な木の種類と特徴を簡単に解説していきます。

  1. スギ
    日本を代表する針葉樹ですね。軽くてやわらかい材で、加工が容易なため古くから構造のほか造作や建具などに幅広く活用されています。樹皮を水圧でむくと美しい木肌が表われるなど特有の光沢があり、湿気にも比較的強いです。
  2. カラマツ
    落葉針葉樹。樹齢の若いときはねじれが激しいため扱いにくい木材です。天然の高齢樹「テンカラ」は強度が高く樹脂を多く含むため耐候性も比較的高いことが特徴です。建築では構造や土台、造作などに活用されます。
  3. ヒノキ
    国産針葉樹の良材。強度と耐久性が高く、やや堅いものの加工性も高いのが特徴です。建築では構造や床板のほか、水湿の影響を受けやすい土台など、耐水性が求められる部位で使用されています。独特の芳香があり、木肌はつややかで美しいです。
  4. 米マツ(ダグラスファー)
    北米産の針葉樹。高さ40~60cm、直径60~80cmまで生長し、長尺の大径材が要求される構造材(特に梁など)によく使用されています。強度が高く狂いも少ない反面、ヤニが表面ににじみ出ることもあり、場合によっては注意が必要になります。
  5. フィンランドパイン
    一般にオウシュウ・アカマツと呼ばれる針葉樹。北欧産のマシンカット・ログハウスに数多く使用されるほか、建築では造作や建具、建築以外ではパルプの原料としても活用されるなど、用途が幅広いことも特徴です。
  6. イエローシーダー
    米ヒバと呼ばれる北米産の針葉樹。日本のヒノキと同属ですが、ヒバに似た香りをもつことからこう呼ばれているようです。腐りにくく水湿に耐えるため、国産ヒバの代用として、土台などの耐水性が要求される部位に使用されます。
  7. ウエスタン・レッドシーダー
    米スギと呼ばれる北米産の針葉樹。耐腐朽性(タイフキュウセイ)が高く、高温多湿の日本においても人気の高い樹種です。やわらかく加工性も高く、構造のほか屋根や外壁にも使用されます。伐採後は経年変化により変色しやすいと言われますが、飴色の落ち着いた色相も雰囲気があります。

 このようにログハウスに使用される木にはたくさんの種類があります。これら多種多様の木材たちの特徴をよく理解し、お客様の要望やその地域の特性それから予算など、あらゆる要素を加味しながらチョイスするのがわれわれの仕事なのです。

大事なのは木の特徴を理解し、木の良さを最大限引き出すことなのです。 笑顔

*******************************
有限会社ウッディ・ピノキオ
〒825-0002 福岡県田川市桜町8-17
TEL 0947-45-3387
*******************************

TOP | 予算はどれくらいかかるの? »